樋口一磨のブログ

弁護士の業務改革

日弁連の重要な年間行事の中に、弁護士業務改革シンポジウムがあります。
弁護士が社会的責任を果たすため、何ができるか、制度をどのように整備すべきか、といった議論を、丸一日かけて議論します。
18回目を迎える今年は、神戸のポートピアホテルでありました。

20131115-234457.jpg
テーマごとに7つの分科会があり、私は中小企業の海外展開支援をテーマにした分科会にて、僭越ながらスピーチをさせていただきました。

20131115-234651.jpg
この分科会は、日本を根底で支える中小企業の海外展開を、弁護士が法的観点からどのように支援していくべきか、という使命感から企画されました。
日本の弁護士は、語学の壁などがあり、まだまだこれに対応できておらず、特に地方ではそれが顕著です。

今回、私は、ドメスティックな環境から国際案件を中心に活動し、国際法律事務所を設立して一定の成果を挙げている特殊?な存在とご評価いただき、本当に僭越ながら、今日に至るまでの個人的な経験談を語らせていただいた次第です。諸先輩も多くいらっしゃる中で、自分の人生を語るというのは本当に恥ずかしかったです…

この分科会だけでも、登録者は280名程度になっていたようです。マスコミも来ていたようで…いやぁ本当に照れくさいですね…

羊頭狗肉とならないよう、もっとがんばろうと思いました。

シンガポール

アジアの弁護士を中心とする国際団体であるローエイジア(LAWASIA)の年次大会に、同僚の山崎弁護士とともに参加して参りました。
昨年はインドネシアのバリ、今年はシンガポールでした。

20131105-234004.jpg
過去5年続けて参加している国際法曹協会(International Bar Association)の年次大会では、参加者が6000人と膨大であるのに比べ、ローエイジアでは300-400人程度と、ちょうど良い規模です。国際法曹協会などで懇意にさせて頂いている弁護士にも多数再会できました。

20131105-234448.jpg
この街はきれいですね。

観光の目玉がマーライオンというのが淋しいですが、植物園や動物園などもよくできています。

20131105-234825.jpg
足を延ばしてクアラルンプールにも行きました。
マラッカに王国ができてから、ポルトガル、オランダ、イギリス、そして戦時中に日本と、独立までに多様な統治を受けたこの国は、イスラム教を中心として、仏教、ヒンズー教、キリスト教などが共存していて、とても興味深いです。

20131105-235235.jpg
果物の王様、ドリアンに初挑戦しました!

…さすが王様、参りました…もう二度と結構でごさいます…(´Д` )

後で気付いたのですが、ホテルのエントランスに、「ドリアン持ち込み禁止」とありました…

ボストン

国際法曹協会(international bar association)の年次総会で、アメリカはボストンに行ってきました。

20131021-234914.jpg
マドリッド大会から参加しているこの会も、バンクーバー、ドバイ、ダブリンと重ね、今回で5回目です。
お陰様でだいぶ知り合いが増え、委員会などでも認知して頂けるようになりました。

とはいえ、弁護士が6000人も参加してますので、知人に会うにも一苦労です。

20131021-235301.jpg
レセプションは、なんと美術館のなかです! …いいのでしょうか??

20131021-235537.jpg
言わずと知れた叡智の集う学生街。
ハーバード大学ロースクールでのセッションもありました。

来年はこの会が東京で開催されます。
おそらく6000人を超える外国人弁護士が、東京国際フォーラムになだれ込みます。
ホスト側として大変ですが、弁護士会では、これを日本弁護士の国際化のきっかけにしようと躍起です。

10周年

我々は司法試験に合格後、実務に出る前に1年半(今は1年)の司法修習を受けるのですが、その修了10周年記念式典が熱海でありました。

14クラスの各幹事で、半年以上前からいろいろと準備をしました。
私も幹事をやらせて頂きましたが、何しろ久しぶりで捕まらない人が多く、苦労しました…

20130909-234710.jpg
まさに10年ぶりに会う仲間ばかり。
我々の期は全部で約1000人いたのですが、今回は約600人が参加し、12時間以上にわたり飲み語らいました。

20130909-234912.jpg
みんな見た目は変わりませんが(全体的に横広になってますが)いろいろな変化があって刺激を受けます。

次回は20周年。
10年後…ということはアラ50です!
あっという間に迎えてしまいそうな気がします…
気持ちを新たに頑張りたいと思います。

20130909-235321.jpg

母校の祭り

私は、千葉県柏市に育ちまして、柏第一小学校でガキ時代を過ごしました。

最近、地元町内会の祭りが、その母校で開かれているということで、久〜しぶりに行ってみました。

20130810-185825.jpg

20130810-185855.jpg

懐かしすぎます。
四半世紀経って、ほとんど何も変わっていません。

20130810-190028.jpg
よく遊んだ「すべり山」もそのまま。

小さく感じるかと思いましたが、意外に大きいです。
…自分がまだ成長していないのでしょうか^_^;

20130810-190156.jpg

モンゴル

日弁連の法制度支援の一貫として、モンゴルの弁護士を迎え、日本法について学んで頂く企画があり、レセプションに参加させて頂きました。

20130725-234441.jpg
半分日本人、半分モンゴル人なのですが、一見区別がつきません…我々日本人のルーツなのだなぁと改めて感じました。

と、お土産のウォッカが出てきまして

20130725-234703.jpg
明るくにこにこと、断れない感じで乾杯を求められ、ストレートで何杯も頂くことになってしまいました…
想定外でした…
が、寒いモンゴルではそういう文化とのことで…勉強になりました。

日本語も英語も不自由な方が多く、コミュニケーションはかなり適当だったのですが、ウォッカを酌み交わすうちになんとなく打ち解け、お酒って偉大だと思いました。

地球

地球儀を買って、事務所に置きました。

20130722-214417.jpg

子供の頃、学研の付録で一生懸命に作った記憶があります。
大人になって、考えたことはなかったのですが、先輩に勧められてすぐに買いに行きました。

面白いです。
実際に見た国が増えたこともあると思いますが、距離感など、平面図では伝わらないことが感覚的によくわかります。
世界は広いので、いくら見ていても飽きません。

九月に会議でブエノスアイレスに行くかどうか悩んでいるのですが、地球儀で見ると日本の真裏であることがわかりすぎてしまい、ますます悩んでしまっています…

セミナーにて

どの職業も同じだと思いますが、我々弁護士も日々勉強です。
日本国内だけでも様々なことが起こるのに、国際弁護士としては海外の重要な変化にも付いていかなければなりません。

そのために、国際会議などにも参加して情報収集に努めるのですが、手頃に参加できて有難いのがセミナーです。
弁護士会では、色々な団体と協力するなどして、日々多種多様なセミナーが開催されています。

先日は、弁護士知財ネット主催の、欧州統一裁判所(Unified Patent Court)に関するセミナーに参加しました。

欧州では、1973年以降、欧州特許(European Patent)といって、加盟国における特許の付与手続については、国ごとに個別に申請をせずとも、ひとつの手続で付与がなされる統一制度が設けられています。

しかし、この制度は、特許の付与手続についてのみ統一するものであり、その特許の有効性や侵害行為が問題となったときは、各加盟国の司法制度において個別に審査されることとなるため、複数の訴訟が係属しうる上、国によって結論が異なることがありうるという点が大きな問題とされてきました。

そして、この度、欧州特許に関しては、紛争についても、ひとつの裁判所で解決する制度を設けることで基本合意が得られたとのことです。今後、2014年以降、順次整備がなされる予定であり、これによって欧州の特許実務はひとつの大きな転機を迎えることになりそうです。

と、マジメな話をしてしまいましたが、このセミナーでは嬉しかったことがありました。
スピーカーの一人であるドイツ人弁護士が、とてもよく知っている方だったのです。

彼は、私のミシガン大学ロースクール時代の友人のボスであり、デュッセルドルフに事務所を構えており、数年前、バンクーバーで開催された国際法曹協会の会議で知り合いました。
知的財産権が専門であることはもちろん知っており、その後、お仕事をご一緒させて頂いたこともありましたが、まさかここで再会するとは思いませんでした。

残念ながら、他の会議の都合で中座せざるをえず、きちんとご挨拶できなかったのですが、こうして世界のどこかでまた必ず会う気がしています。

ミシガンロースクール

母校であるミシガン大学ロースクールのDean(学長)達が来日し、レセプション兼同窓会が開かれました。

10年間、Deanを務めたEvan Caminkerは、間もなく任期満了となります。人望があり、男性からみても格好よい、他のロースクールが羨むようなディーンでした。

時を同じくして、30年以上にわたり留学生のサポートをしてくれたAssistant DeanのVirginia Gordanもリタイアされるとのことでした。単身で渡米し、右も左もわからない我々を、彼女は本当に優しく支えてくれました。

20130610-222509.jpg

リーダーを引き継ぐのはMark West教授なのですが、彼はユーモアに溢れて誰からも愛されているだけでなく、日本法の専門家で、日本語はペラペラ、裏社会を含めた文化にも日本人以上に詳しいのです。彼がDeanになると聞いた時は、とても嬉しくなりました。

20130610-223132.jpg

卒業してから早5年、学校は歴史を維持しながら色々とリノベーションしているとのこと。久しぶりに戻りたくなりました。

二周年

6月6日をもって、事務所開設二周年を迎えました。

3.11後の混乱期にスタートし、弁護士業界の競争も厳しさを増す中、こうして、ゆっくりながらも着実に成長してこれたことは、ひとえにご支援下さっている周りの皆さんのお陰です。
大変なことや辛いことも多々ありますが、それはどんな仕事も同じだと思います。
感謝の気持ちと謙虚さを忘れずに頑張りたいと思います。

忙しくてモサモサになっていた髪を切りました。

私はいつの頃からか、自分で髪を切るようになりまして、今回も自作です。

Before

20130607-102231.jpg

After

20130607-102257.jpg

セルフカットの醍醐味は、なにしろいつでも好きなときに切れることです!
だいたいいつも深夜に、思い立ったように切ります。

寝ぼけてザクっといかないように…